モッタイナイキッチン TOP > WAKEUP NEWS NETWORK > 命をつなぐ食のネットワーク

Wakeup news network

命をつなぐ食のネットワーク

みなさん、フードバンクという言葉をご存知ですか?
農林水産省によるとフードバンクとは、
【食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供する団体・活動。】
とされています。(一部抜粋)
そんなフードバンクを行っている団体が仙台にもあるんです。

■年間632万トンにもなる捨てられる食品

2050年、世界の人口は91億人を突破すると国連が予想しているのを知っていますか?
それにともないFAO(国際連合食糧農業機関)では、2050年までに1.7倍まで食料生産を拡大する必要があると2009年に発表しました。
さて一方で、日本ではなんと年間632万トンもの食べ物が捨てられています。
これを日本人一人当たりに換算すると、毎日約お茶碗一杯捨てられていることになります。
フードバンクの活動は、福祉施設等への支援活動であるとともに、食品ロス解決にもつながる取組なんです。

■組織としてフードバンクに取り組む「コープフードバンク」

コープフードバンクは、生活協同組合、いわゆる「生協」が取り組むフードバンク。
仙台でも仙台市泉区の八乙女を拠点に東北各地で活動しています。
コープフードバンクは取引先の食品企業等から余剰食品の無償提供を受け、社会福祉に寄与する団体・組織等へ無償で提供することを通して、食品の無駄をなくすとともに、誰もが安心して暮らせる地域社会づくりをすすめることを目的に2012年4月に「コープフードバンク」を設立。(コープフードバンクHPより)
されたフードバンク。
生協というネットワークを活用して、食品ロス解決に取り組んでいます。

■食品の提供だけじゃない支援の形もあります

コープフードバンクは安全な食品を届ける、という観点などから、一般からの食品提供は受け付けていません。
でも、何かお手伝いしたい、という方のためにサポーター等情報をご紹介。
一つは、個人サポーターとしての支援。
年間1,000円(一口)で取組をサポートできます。
集まったサポート賛助金はフードバンク事業の運営に活用されます。
もう一つの支援方法がボランティア。
フードバンクでは食品の搬入、仕分け、提供先への納品など多くのボランティアのチカラが必要です。
ちょっとの時間でも大きな支援につながるボランティア、そんなフードバンク支援の方法もあります。

pagetop