モッタイナイキッチン TOP > MKチームレシピ > 小宮山 雄飛さんのレシピ

余った野菜を上手に使って美味しくキーマカレー

  • 約30分

ミュージシャン(ホフディラン)
小宮山 雄飛

『小宮山 雄飛さん』について

ミュージシャン/渋谷区観光大使 クリエイティブアンバサダー
1973年東京・原宿生まれ。96年からバンド「ホフディラン」のボーカル&キーボードとして活動を開始。また食通としても知られ“音楽界のグルメ番長”の異名を持つ。『東京カレンダー』『UOMO』などに食のコラムを連載中。2015年に、自身が生まれ育った渋谷区の観光大使 クリエイティブアンバサダーに就任。オリジナルレシピをまとめた『カレー粉・スパイスではじめる 旨い!家カレー』『簡単!ヘルシー!まいにちカレー』を出版。多彩な能力を発揮してざまざまな活躍を見せるマルチクリエイター。

モッタイナイポイント

にんじん・大根・なすなど、ちょっとだけ残ってしまいがちな野菜を擦りおろしたり細かく刻んだりして煮込むことで、野菜の美味しさが引き立つキーマカレーに!
細かくして煮込むので、捨ててしまいがちな皮もそのまま使って大丈夫。
もともと全ての材料を細かくして使うキーマカレーですから、それ用に材料を買わなくても余った野菜を色々活用してください。
あえて水分を残してシャバシャバのスープ状態で食べるのが美味しいポイント!

材料4人前

  • ・合挽き肉200g
  • ・玉ねぎ(みじん)1個
  • ・すりにんにく1片
  • ・すりしょうが1片
  • ・トマトの水煮(缶詰)200g
  • ・コンソメ小さじ2
  • ・カレー粉大さじ1
  • ・水400ml
  • ・塩胡椒小さじ2
  • ・バジルお好みで
  • ・オレガノお好みで
  • 余ってる野菜(一例)
  • ・にんじん半分
  • ・なす2本

作り方

  • 1

    余った野菜をみじん切りにする。
    にんじんやしょうがは皮のまま擦り下ろす。(フードプロセッサーでも可)

    ナスのヘタは鉛筆を削るようにそぎ落とすのがポイント!
    普通にストンと切ってしまうと、食べられる部分も捨てることに!モッタイナイ!

  • 2

    フライパンに油をひき、玉ねぎ・にんにく・しょうがを入れ中火で炒める。

  • 3

    香りが立ってきたところで、にんじん・なすを入れてさらに炒める。

  • 4

    しんなりしてきたらトマトの水煮・合挽き肉・カレー粉を入れ混ぜ合わせる。

  • 5

    全体に火が通ったら、コンソメ・水を入れて沸騰したら弱火で20分煮る。

  • 6

    水分量を調整して(シャバシャバになるように)、塩胡椒で味付けしたら完成!
    お好みでバジルやオレガノの粉を散らすと、さらに香り豊かなスープカレー風のキーマに仕上がります。

  • facebook

pagetop